排尿障害

①おしっこが出づらくて尿の勢いがない。

②我慢できずに尿が漏れた。

③おしっこをしても尿が残っている感じがする。

④尿が全く出てこない、出ても少しで、すぐに苦しくなるーーー尿閉の可能性があります。すぐに治療が必要です。

上記の内容などがあれば、排尿障害を疑います。

排尿は2つに分けられます。1)尿を排出する機能(排尿機能)2)尿を貯める機能(蓄尿機能)

どちらか、または両方とも障害されると、排尿障害が起こります。

1)排出障害は

前立腺肥大症、神経因性膀胱(脊髄疾患、脳血管疾患、糖尿病など)骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱)直腸がん、婦人科がん等の手術後、内服中の薬剤の副作用、帯状疱疹、単純性ヘルペスなどで起こります。

2)蓄尿障害は

過活動膀胱、神経因性膀胱、間質性膀胱炎、骨盤臓器脱、膀胱炎、膀胱結石等で起こります。

さて排尿障害があるとどのような症状が出現するのでしょうか?

排尿症状

1.尿が出はじめるまでに時間がかかる(排尿遷延)

2.尿の勢いが弱い、太さも細くなる(尿勢低下)

3.尿が出始めてから終わるまでに時間がかかる(排尿時間の延長)

4.尿線が意図せず途切れる(尿線途絶)---(前立腺肥大症によることが多い、膀胱結石、膀胱腫瘍)

5.排尿の開始や、尿線の維持のために腹圧を必要とする(腹圧排尿)

6.排尿の終わるまでに時間がかかり、尿が滴下する程度に尿勢が低下し、衣服が汚れやすくなる(排尿終末滴下)

7.膀胱内に尿がたまっているのに排尿できない状態を尿閉と言います。

排尿後症状

8.排尿後もすっきりしない(残尿感)---ひどくなるとトイレから立ち上がれないほど頻回に排尿を試みる

9.排尿後便器から離れた後に不随意に尿が出てくる(排尿後尿滴下)

10.排尿直後に再び尿意をきたし、もう一度排尿する状態(二段排尿)---(大きな膀胱憩室、膀胱尿管逆流症)

蓄尿症状(十分に膀胱に尿をためられない状態)

11.昼間頻尿:日中起きている間の排尿回数が多い、通常8回以上の排尿回数です。

12.夜間頻尿:1回以上夜間に排尿することとされていますが、臨床では2回以上の夜間排尿を指すこともあります。

13.尿意切迫感:突然起こる、抑えきれない尿意のことです。歯ブラシ、水に触れたとき等で起こります。

14.遺尿症:昼夜を問わず、尿が不随意にあるいは無意識に排出されることです。夜間遺尿には夜尿症が含れます。

尿失禁(尿漏れがある状態)詳しくはブログをお読み下さい。
代表的タイプは6つです。
 

腹圧性尿失禁:咳やくしゃみ、重いものを持ったとき、運動したときに尿が漏れる状態のことです。

女性に多く、妊婦や出産、閉経による女性ホルモンの枯渇など骨盤底筋の脆弱化、肥満などで腹圧が過度にかかることなどが原因です。

*切迫性尿失禁:尿意切迫感の結果として尿が漏れることです。過活動膀胱、細菌性膀胱炎、間質性膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍等で起こります。  
*混合性尿失禁:腹圧性と切迫性を両方とも併せ持つ状態のことです。
*機能性尿失禁:膀胱などの機能は正常であるにも関わらず、トイレまでの移動や脱衣までに時間を有することで失禁を起こすことです。     
*溢流性尿失禁:十分排出できず膀胱内に多量に残った尿がぼとぼととあふれて出てくることです。神経因性膀胱をはじめとした低活動膀胱、男性では重度の前立腺肥大症、女性では子宮頸癌術後等で起こります。

*持続性尿失禁:膀胱に尿を保持できず、常に尿が漏れてくる状態です。先天的な尿管異所開口、手術操作や放射線治療によって生じた尿路と膣の交通(尿管膣瘻、膀胱膣瘻)、前立腺手術時に尿道括約筋を損傷した場合などで起こります。