• Admin

たまたまがいたいよ(陰嚢部痛)

更新日:9月23日

13才のC君は、明け方急に目が覚めた。左の玉がものすごく痛い、気持ち悪い。お母さんを呼んだ。救急車で運ばれた。玉がくさるかもしれないから手術が必要と言われた。手術はうまくいき、玉は無事だった。


陰嚢部痛にはどのようなものがありますか?


1)精巣捻転症


新生児、乳児期と思春期に起きやすく、玉(精巣)の栄養をつかさどっている管がねじれて、玉とその玉の主に後ろにある器官(精巣上体)に血流障害が起き、放置すれば玉などがくさってしまう病気です。玉から下腹にかけての痛みで、夜とくに明け方に多く起きます。しばしば気持ち悪さを伴います。自然にねじれが元に戻ることがありますが、一般的に早く(6~8時間以内)ねじれをもとに戻すことが必要です。ねじれの程度が強いときは起きてから4時間以内にねじれをとっても、玉が萎縮することもあると言われていますので、時間との勝負になります。


2)精巣付属器捻転症


精巣に付属している小さな組織片、精巣上体に付属している小さな組織片がねじれて痛みを起こす病気です。ふつうは1~2週間で無症状になります。精巣捻転症と区別がつかないときは手術が必要になります。捻転した組織片は小豆大の硬結として触れることもあります。経過の初期に陰嚢の皮膚を注意深く観察すると、陰嚢皮膚を通して暗青色の所見(blue dot sign)を認めることもあります。


3)精巣上体炎


精巣捻転症や精巣付属器捻転症と鑑別しなければいけない病気です。

玉の後ろ側が腫れ(ひどくなると精巣上体と精巣の区別がつかなくなり、一塊として腫れます)、赤くなり、痛みがあります。ふつう熱が出ます。捻転症とくらべて、概して発症は緩やかです。おしっこの中に膿や細菌が認められることが多いです。血液検査で白血球が上昇していることが多いです。(捻転症でも上昇していることがあります)また体内で炎症が起きたり組織細胞に障害が起こると上昇するCRPが上昇したり血沈が亢進することもあります。尿道炎から精管を通じて逆行性に感染したものが多いです。若年層ではクラミジア感染症、淋菌などの性感染症として、高齢者では大腸菌などの一般細菌が原因として多いです。治癒後、精管(精子の通り道)の通過障害を起こすこともあり、両側に起きたときは不妊症の原因となります。精巣炎を合併することもあります。ほとんどのケースで抗菌薬の投与となります。

急性精巣上体炎に対する抗菌薬が効かなかった場合、陰囊皮膚を穿破し排膿があった場合には精巣上体結核(結核菌による精巣上体炎を)考えなければいけないです。通常は片側性

で、緩徐な発症で、一般の精巣上体炎に比べると、疼痛は軽微で、発熱はないことが多いです。


4)精巣炎


細菌性(精巣上体炎に続発が多い)のものもあります。淋菌、先天性梅毒、結核菌、コクサッキーウイルスなどでも起こりますが、一般的にはムンプス精巣炎が有名です。玉が腫れ、痛みが有り、赤くなり、触ると熱いです。倦怠感,発熱,悪心,頭痛,筋肉痛などの全身症状が出現することがあります。

ムンプスとは流行性耳下腺炎で一般的にはおたふくかぜと呼ばれているものです。

耳下腺の腫脹より4~10日前後して精巣炎が出現します。思春期以降では30~40%に精巣炎が合併します。ただ耳下腺の腫脹を伴わないで精巣炎になる例もあります。普通は片側だけですが、10~30%が両側性です。最初は片側でも次いで他の側にも起こることもあります。ムンプス精巣炎の30~50%に精巣の萎縮や無精子症を来すと考えられています。受精能の低下は13%程度に認められますが、不妊を来すことはまれと言われています。お子さんがおたふくかぜにかかり、その後お父さんにうつり、お父さんが精巣炎を起こすこともあります。ムンプスワクチン接種が行われるようになってから、頻度は減ってきています。

治療は細菌性のものは抗菌薬の投与、ムンプス性ものは抗ウイルス薬がないため症状に対する治療となります。


5)精索静脈瘤


痛みは鈍い痛み、不快感、違和感などで表せます。精索静脈瘤の原因は定かではありません。一説によれば静脈の逆流を防ぐ静脈弁の異常、静脈弁の機能不全などが原因かもしれません。下肢に出来る静脈瘤と似ています。玉の上、横に植物のつるの様に網目状の蔓状静脈叢に血液がたまり、モコモコしているように見えます。触診で精巣と精巣上体は正常(まれに精巣の腫大あり)です。一般男性では10%~20%、思春期の男性では2%~15%の発生率です。この静脈には右は腎静脈より下方で鋭角的に下大静脈に流入し比較的抵抗が少ないのに比べ、左は腎静脈に直角に流入しスムースに流れないため、通常は左側に発生します。両側のこともあります。20%が男性不妊を引き起こします。また精巣の萎縮を起こすこともあります。特に男性不妊を起こしているときに手術をすることがあります。


6)IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)


触れることのできる皮膚の紫斑(palpable purpura)がみられます。腎炎、腹痛、関節痛がみられることのある疾患です。細菌・ウイルス感染、薬剤、妊娠、悪性腫瘍などが誘因と考えられています。小児の本症の約半数は上気道(咽頭・喉頭)感染症に続いて発症します。通常20歳以下の患者に発症し、4~5歳に発症のピークを迎える全身性血管炎です。ヘノッホ・ションライン紫斑病は、2%~38%の症例で陰嚢を侵すと報告されています。陰嚢の皮膚の著しい浮腫、精巣上体腫大、陰嚢水腫がありますが、精巣の血流は保たれています。


7)精巣腫瘍


無痛性の陰嚢腫瘤として現れることが多いですが、急速に成長する精巣腫瘤、特に内出血や梗塞部位を伴うものは、陰嚢の痛みを呈することがあります。


8)尿管結石


上部尿管と精巣の両方からの感覚線維は、脊髄分節T11とT12を通過します。したがって、上部尿管の膨張(例:尿管結石による)は精巣への関連痛を引き起こし、下部尿管の膨張は同側の陰嚢痛を引き起こす可能性があります。


9)その他


陰嚢痛のその他の原因として、外傷、動物の咬傷、虫刺症、陰嚢水腫、精液瘤、精管切除術後、特発性陰嚢浮腫、腹膜炎、陥入ヘルニア、腹部大動脈瘤破裂、壊死性感染症などがあります。

また腰の病気からくるものもあります。


陰嚢部痛の診察はどうしますか?


自然に治癒した過去の虚血エピソードに関連した陰嚢痛の既往があるとき、

玉がずっと持ち上がった状態(横向きとか)の時、

精巣挙筋反射が消失した状態(ふとももの内側、陰嚢に近い部位をピンなどでこすると同じ側の挙睾筋が収縮して玉が上がる反射)の時

などがある場合精巣捻転症の疑いがあります。


陰嚢部痛の検査はどうしますか?


これらの疾患の鑑別には陰嚢の超音波検査が有用です。


陰嚢部痛の治療はどうしますか?


それぞれの疾患に応じてその治療を行います。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

稗粒腫とはどういうものですか? 直径1~2mm程度、大きくても2~3mmの白いまたは黄白色の半球状に盛り上がったかたいブツブツが主に顔にできるものです。 稗粒腫はなぜできるのですか? 毛包・表皮由来のケラチン(皮膚タンパク質) を含む小さいの嚢腫で、一次性稗粒腫の大部分は、自然に発生する先天性稗粒腫です。小児や成人のある種のまれな遺伝性皮膚疾患(遺伝性皮膚疾患)に関連して発症する一次性稗粒腫も何割

T君は柔道部員です。最近頭にハゲができ、フケがでて、少しかゆいので気になっていました。柔道部の先生から、友達と一緒にクリニックに行くように言われました。 トンズランス感染症とはどういうものですか? トリコフィトン・トンズランス(Trichophyton tonsurans)という白癬菌による感染症です。 トンズランス感染症とはどのような症状がありますか? 自覚症状が乏しいため、本人が気づいてないこ

癜風とはどういうものですか? 正常な皮膚に普段から生息するカビであるマラセチア属の癜風菌により起こる感染症です。 癜風はいつ起こりやすいですか? 汗がよくでる春~夏にできやすいです。 癜風はどんな人に起こりやすいですか? 高温多湿な環境で働いている方、糖尿病、低栄養の方、ステロイドを使用している方、妊娠している方などに起こりやすいです。20代から中年男女に多いです。 癜風はどこの部位に起こりやすい