• Admin

切迫性尿失禁(トイレまで我慢できない)

更新日:2021年11月25日

急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、我慢できずに漏れてしまう尿失禁です。

水の音を聞いただけで、冷水で手を洗っただけの刺激で我慢できなくなることもあります。


原因は?

1)大脳の排尿反射抑制路の障害:脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、パーキンソン症候群、脊髄損傷、多発性硬化症など


2)膀胱の過剰な知覚刺激により生じる:急性膀胱炎、膀胱癌、骨盤臓器脱など


治療は?

1)膀胱訓練:なるべく尿意を我慢し、何度目か尿意が落ちついた所で急がず、我慢しながらトイレに行くようにします。毎日繰り返すと膀胱に少しずつ溜められるようになってゆきます。


2)骨盤底筋体操


3)β3受容体作動薬:

ミラベグロン (ベタニス ):副作用として脈拍数の増加, 血圧の変動等の心血管系に対する影響

ビベグロン (ベオーバ): 類薬ミラベグロンと比較して, 「生殖可能な年齢の患者には投与をできる限り避ける」 という注意喚起 (警告) がないことやが心血管系に対する影響及び薬物相互作用が少なく, 併用禁忌薬がないといった特徴があります   

4)抗コリン剤:副作用 (口内乾燥, 霧視, 便秘、認知症に対する影響など)

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

エビ、カニ、ロブスター、シャコなどの食物アレルギー(甲殻類アレルギー) グラコロへの挑戦 甲殻類アレルギーは、乳幼児期は多くありませんが、学童期以降に増えてきます。 新しく出てくる食物アレルギーとしては、7~17才では果物類に次いで甲殻類アレルギーが2位、18才以上では、1位に甲殻類アレルギーが位置します。 どのような症状が出るのでしょうか? 皮膚症状:かゆみ、じんましん、むくみ、発赤、発疹など

下腹の違和感(しっくりしない)、膨満感(はっている感じ)、鈍い痛みなど、激しい痛みではないけど何か異常がある場合、原因は何でしょう?多くの原因があるため、多系統にわたるアプローチが必要になるかもしれません。 便秘、気持ち悪くて吐きそうな時、便に血が混じっている時などの場合、消化器科の病気を考えます。 膣からの膿のようなおりものが出る、膣から出血する、生理がない、月経周期と関連している場合、婦人科の

身体運動機能の低下、認知症による尿失禁(排尿機能は正常) 1)身体運動機能の低下によるもの:パーキンソン症候群、片麻痺、骨折、関節痛などによりトイレに行く前に間に合わないで漏れてしまう状態です。 2)認知症によるもの:時刻、日付、場所、人物、周囲の状況などを総合的に判断できない、注意力などが低下した場合など、トイレに間に合わない、あるいはトイレ以外の場所でおしっこをしてしまう状態です。 *パーキン