• Admin

前立腺がん

前立腺とは?(女性にはありません)

前立腺は膀胱の下にあり、正常では栗の実大の臓器で、精液の一部である前立腺液を作っています。また尿道を取り囲んでいるため、前立腺肥大症、前立腺がんなどで前立腺が大きくなると尿道を圧迫し、排尿の勢いが悪くなったりします。一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに指で触れることができます。前立腺がんの場合、典型的には石様の硬さで触れます。


疫学

前立腺がんは日本の男性の中で、最も多く診断される癌(がん)の一つです。

年齢とともに罹患率は上昇します。

前立腺がんの家族歴は罹患リスクを2.4~5.6倍高めます。

ハワイ在住の日本人は日本在住の日本人より、前立腺がんの罹患率が高いです。しかしハワイ在住の白人よりは低いです。環境要因が発生に関連していると考えられています。

*罹患率:病気にかかる割合。ある期間内(多くの場合1年)に発生した患者数をそれに対応する人口で割ったもので、疾病発生率ということもできます。


診断

早期の前立腺がんには前立腺がん特有の症状がないため、検診、人間ドックでのPSAの値から診断されることが多いです。前立腺液には、PSAというタンパク質が含まれていて、ほとんどのPSAは前立腺から精液中に分泌されますが、ごく一部は血液中に取り込まれます。このPSAが前立腺がんでは値が高くなることが多いです。

骨転移がある進行した癌では、腰痛など転移部位の疼痛を訴えて、診断に至る場合もあります。


問診、直腸診(肛門から指を入れて前立腺を触ります)、採血(PSA検査を含め)、超音波検査、MRI検査などを行います。その結果前立腺がんが疑わしいときは、前立腺生検(病変の一部を採って、顕微鏡で詳しく調べる検査、癌の悪性度も調べます)を行い診断を確定します。

病気の進み具合は、CT,骨シンチグラフィ、MRIなどを用いて調べます。


治療

前立腺がんでは、前立腺がん自体で死因となることは多くなく、生活の質を考慮して治療を決めて行きます。


監視療法、手術療法、放射線治療、ホルモン療法、化学療法があり、単独またはこれらを組み合わせて治療を行います。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

かぶれ(接触性皮膚炎)とはどのようなものですか? 接触性皮膚炎は異物を排除しようとする生体の防御反応です。接触皮膚炎は、特定の物質に直接触れることで皮膚に炎症が起きる病気です。何らかの物質が皮膚に接触し、それが刺激やアレルギー反応となってかゆみを伴う湿疹が出ます。かぶれとも呼ばれています。発疹は非常にかゆく、特定の部位に限定され、しばしば境界がはっきりしています。 基本的にアレルギー性と刺激性の2

いぼにはどういうものが、ありますか? いぼには、ウイルス性のいぼ、脂漏性角化症(老人性いぼ)、軟性線維腫(このうち、首まわりや脇の下にできる褐色{茶色から黒色}の小さく細かいいぼをスキンタッグ、アクロコルドン、俗称中年いぼと言います。大きさはだいたい1〜3mmです。年とともに増えます。)このうちウイルス性のいぼで、典型的ないぼは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言います。 尋常性疣贅の原因は何

手荒れの原因は何でしょう?どのような職業に多いでしょうか? 水仕事や化学物質への曝露を伴う産業で特に一般的です。これは主に 刺激物との接触によるものですが、特定の接触アレルギーが寄与する可能性があります 。 1)皮膚バリヤ機能の低下(皮膚表面脂質の喪失により物理的刺激に対する抵抗力が低下) 手や指では皮脂を分泌する皮脂腺が少なく、そのため皮脂膜も薄くなっています。その代わり角質層が厚くなっていて、