• Admin

夜尿症ーーーお漏らしするのはなぜ?

夜尿症の定義

5才以降、1ヶ月に1回以上かつ3ヶ月以上、寝ている間に無意識に尿が漏れる状態です。


頻度

夜尿のみで、他に下部尿路の症状を伴わない夜尿症では、5才で15%、10才で5%、15才以上で1~2%とされています。低年齢では男児に多く、10才以降は差がなくなります。思春期までに14%ずつ自然に軽快します。


なぜ自然に軽快するのに治療が必要なの?

1)治療をすることで、治癒率を2~3倍高めることができ、また治癒までの期間を短縮できます。

2)おねしょをすることで、自分が周囲の子供たちより劣っているというネガティブな感情を持つことがあるためです。おねしょが減ることで精神的に好影響がでます。

3)保護者や同居人の生活の質を低下させるためです。パジャマやシーツなどの洗濯、その他で大変です。

4)小学校高学年では宿泊を伴う行事があるため、おねしょをなくしていた方が良いためです。

5)おねしょを来した原因が、他の治療を要する病気からきているかもしれないためです。


夜尿症の原因は?

1)尿意で目をさますことができないため(覚醒障害)

2)睡眠中の膀胱の働きが未熟なため、膀胱にためることができる尿量が少ないため(膀胱の容量が小さい、ある程度膀胱に尿が溜まると膀胱が勝手に収縮してしまう、など)

3)夜間尿量が多いため


1)+2)、1)+3)または1)+2)+3)で夜尿症が起きると言われています。


おねしょを来す他の病気とは?

①下部尿路の症状{排尿頻度が過多(1日8回以上)または過少(1日3回以下)、昼間尿失禁、尿意切迫、排尿開始困難、腹圧排尿、残尿感、尿を我慢する姿勢、排尿後のちびりなど}、膀胱容量の低下がある場合、泌尿器科的な病気、神経の病気が隠れているかもしれません。

夜尿のみでなく昼間の尿失禁など昼間の症状を伴うものは数10%に認めます。この場合は昼間の症状の治療を優先します。

②夜間尿量が多い場合、尿崩症、糖尿病、神経性多飲症、睡眠時無呼吸症候群などが隠れているかもしれません。


半年夜尿がなかったのにまたあった時は?

夜尿が消失していた期間が6ヶ月以上あるにも関わらず、再び夜尿が認められる時には、精神的ストレスや精神疾患、何らかの病気がある可能性があります。


診察

家族歴(両親のいずれかに夜尿症があるときは子供が夜尿症になる確率は5~7倍に高まります)、ストレス、便秘、発達障害、高血圧、いびき、昼間の尿失禁の有無などを確かめます。


検査

検尿、採血、超音波、尿流測定などを人に応じて検査します。


治療

排尿日誌、排便日誌などをつけていただき、生活の指導・行動療法(適切な姿勢で排泄すること、尿意や便意を感じたら我慢しないこと、寝る前に必ず尿をすること、夕食はできるでけ就寝3時間前に済ませ、夕食後は200ml以内の水分摂取にとどめることなど)を行います。

排尿日誌の詳細はhttps://pro.kao.com/jp/medical-kaigo/improvement/haisetsu-care/voiding-diary/(花王プロフェッショナル・サービス

排便日誌の詳細はchrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://www.jspghan.org/constipation/files/checksheet.pdf(小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン作成委員会)

昼間尿失禁の方は定時排尿(1日6~7回決まった時間に排尿する)をしていただきます。


薬物療法(生活指導・行動療法などで改善しないとき)

1)抗利尿ホルモン剤(ミニリンメルト口腔内崩壊錠)は、尿浸透圧あるいは尿比重の低下を伴う夜尿症に適応があります。夜間尿量を減少させる効果のあり、就眠前に使用します。舌下投与(舌の裏に置き、たまってくる唾液で溶かす)で容易に溶ける口腔内崩壊錠ですので水なしでも容易に服薬できます。副作用としての水中毒を防ぐために就眠前2-3時間以内の水分制限が必要となります。70%の人に効果があります。


2)夜尿アラーム療法は夜尿症の方の未熟な排尿反射抑制神経回路を膀胱が充満したときに覚醒させることで強化する、ある種の条件付け療法と考えられています。効果のある方は睡眠中の膀胱容量の増加がみられるとのことです。濡れたら鳴るアラーム(ブザー)で患者を夜尿直後に起こす治療で、自分で起きない場合は家族の協力が必要となります。70%の人に効果があります。


3)抗コリン薬は最大膀胱容量の増加と膀胱に尿が溜まると膀胱が勝手に収縮してしまうことを減少させます。治療抵抗性の方の選択肢の一つになります。


4)三環系抗うつ薬は薬理作用は解明されていません。治療抵抗性の方の選択肢の一つになります。


一般的にミニリンメルト口腔内崩壊錠、夜尿アラーム療法をまず単独で行い、効果が不十分な時、これらを併用する治療を行います。










閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

かぶれ(接触性皮膚炎)とはどのようなものですか? 接触性皮膚炎は異物を排除しようとする生体の防御反応です。接触皮膚炎は、特定の物質に直接触れることで皮膚に炎症が起きる病気です。何らかの物質が皮膚に接触し、それが刺激やアレルギー反応となってかゆみを伴う湿疹が出ます。かぶれとも呼ばれています。発疹は非常にかゆく、特定の部位に限定され、しばしば境界がはっきりしています。 基本的にアレルギー性と刺激性の2

いぼにはどういうものが、ありますか? いぼには、ウイルス性のいぼ、脂漏性角化症(老人性いぼ)、軟性線維腫(このうち、首まわりや脇の下にできる褐色{茶色から黒色}の小さく細かいいぼをスキンタッグ、アクロコルドン、俗称中年いぼと言います。大きさはだいたい1〜3mmです。年とともに増えます。)このうちウイルス性のいぼで、典型的ないぼは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言います。 尋常性疣贅の原因は何

手荒れの原因は何でしょう?どのような職業に多いでしょうか? 水仕事や化学物質への曝露を伴う産業で特に一般的です。これは主に 刺激物との接触によるものですが、特定の接触アレルギーが寄与する可能性があります 。 1)皮膚バリヤ機能の低下(皮膚表面脂質の喪失により物理的刺激に対する抵抗力が低下) 手や指では皮脂を分泌する皮脂腺が少なく、そのため皮脂膜も薄くなっています。その代わり角質層が厚くなっていて、