• Admin

納豆とクラゲ、どのように関係するのですか?納豆好きのサーファーは危ないですか?

納豆嫌いの方には、あまり関係ないかもしれません。


納豆アレルギーの原因は、納豆の粘稠物質(ねばねばした状態)の中にあるポリガンマグルタミン酸だと考えられています。納豆アレルギーは遅発性(接種後5~14時間して)にじんましん、アナフィラキシーなどを起こしますが、腸管でポリガンマグルタミン酸が分解され吸収されるまでに時間がかかるためだと考えられています。食べてすぐじんましんが起きれば(通常は2時間以内)、食べたものが原因かと思いつきますが、5時間以上たってじんましんが出ても、納豆が原因とはなかなかご本人は気づきません。意識消失を伴うアナフィラキシーショックを生じやすいです。横浜市立大学の猪又直子先生が、納豆アレルギーの患者さんを調べたところ、約8割の患者さんがマリンスポーツなど、海に長時間いる習慣があることがわかりました。


クラゲの刺胞中に含まれているポリガンマグルタミン酸は、クラゲが人を刺した際の毒液とともに注入されます。クラゲに何回もさされる危険があるサーファーの人が納豆好きだったら、納豆アレルギーが起きるかもしれません。サーフィン中に起こると大変です。


もちろん納豆だけでも、またポリガンマグルタミン酸が含まれる人工調味料、減塩製品、冷凍食品、サプリメント、医薬品、化粧品、シャンプー、コンディショナー、白髪染め、オムツ、ぬれティシューなどを良く使用する人には、納豆アレルギーが起きるかもしれません。


食物日誌(半日前までさかのぼって納豆摂取の有無を確認)をつけることが重要です。


検査は

・特異的IgE検査

・皮膚プリックテスト

・食物チャレンジテスト

・補助の検査として好塩基球活性化試験、ヒスタミン試験など


治療は

・抗アレルギー薬

・気管拡張薬

・ステロイド薬

・アドレナリン自己注射製剤(エピペン®):アナフィラキシーが出現した場合アドレナリンを注射します。アナフィラキシーが起きたことがある患者様は、日常生活でアナフィラキシー反応が生じたときに自分で治療薬(アドレナリン)を注射するために、アドレナリン自己注射薬(エピペン®)の処方を受けることが望ましいです。

エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。


予防は

納豆およびポリガンマグルタミン酸が含まれる製品に気をつけなければいけません。


*遅発性アナフィラキシーが起こるものとして納豆アレルギー(食べてから5時間~14時間)、獣肉アレルギー(食べてから数時間~6時間)が知られています。


クラゲアレルギー

中華料理でクラゲを食べることやその加工食品を食べることでクラゲの食物アレルギーが起こります。原因はまだ定かでありませんが、一因としてポリガンマグルタミン酸があげられています。クラゲのアレルギーは食べることと刺されることで起きます。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

毛虫を見たとき、虫酸(むしず)が走る人は多いと思います。 *「虫酸」とは、胸がむかむかしたときに逆流してくる胃液を、虫が出した酸っぱい液体と表現したもの。この虫酸が口に出てくるほど不快な様子を表したものとのことです。 ある調査では、あまり好きではない人も含めると、虫が嫌いな人の割合(毛虫だけでなく虫全体)は、74.2%となりました。好きな人も8.2%いました。 KHさんは、突然赤いブツブツがあちこ

寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)という言葉を聞いたことがある人は以外と多いと思います。また水中毒(みずちゅうどく)という言葉を聞いたことがある人も割といらっしゃるかもしれません。でもきわめてまれな疾患である、水じんましんという言葉を聞いたことがある人は少ないと思われます。 *寒冷蕁麻疹:冷たい水や冷たい風など、冷えることの刺激で生じるじんましんです。外気温が下がる冬は特に起こりやすいです。 *水中

ふりがなは、こりんせいじんましんと両方とも同じです。 かつて一世を風靡(ふうび)した千葉県茂原市出身、小倉優子さんのキャラ「こりん星人」とはもちろん関係ありません。 じんましんは、紅斑を伴う一過性、限局性の浮腫である膨疹が病的に出没し、多くは痒みを伴う病気です。蚊に刺されたようなミミズ腫れが、あちこちにでき、かゆくてたまらない、そんな状態です。 じんましんは、4群16病型に分類されます。16種類も