高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症について

高尿酸血症(痛風)のイメージ画像

高尿酸血症は、血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態です。尿酸が産生され過ぎたり、うまく体外に排出できなかったりすると、そのバランスが崩れてしまい、高尿酸血症となります。尿酸は水分に溶けにくいので、血液中では尿酸塩として存在しています。少しならば特段の問題も起こさないのですが、過剰になるにつれて針状の尿酸塩の結晶ができていき、体のあちこちに溜まって、痛みを引き起こします。これが痛風です。

尿酸の原因

体の細胞は、毎日の新陳代謝で新しく作り変えられています。その結果、細胞の核からプリン体が生成されますが、この物質は尿酸の元になります。したがって、痛風を予防するにはプリン体を摂り過ぎないようにすることが大切です。レバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなどにはプリン体が多く含まれています。また、ビールなどのアルコール飲料には、尿酸値を上昇させる作用があります。こうした飲食物を好む人は、尿酸値が高くなりやすい傾向があります。

高尿酸血症の治療

高尿酸血症では、当然のことながら尿酸値を下げることが大切です。食事療法としてプリン体を多く含む食品を控え、バランスの良い食事を摂るようにします。アルコールは尿酸値を上げる作用があるため、節酒を心がけるようにします。特にビールはプリン体を多く含むので、注意してください。また、食事療法と併せ、運動で肥満を解消することも大切です。さらに、尿酸が体内で生成されるのを抑える薬や尿酸の排泄を促す薬を処方するので、これらのお薬を服用してください。

院長
藤原 恭一郎
診療内容
泌尿器科、内科、皮膚科
住所
〒292-0055 千葉県木更津市朝日3-6-11
「木更津市役所」、「スーパーかすみ」すぐ
TEL
0438-25-2515
最寄駅
木更津市役所朝日庁舎(バス) 徒歩1分
JR内房線「木更津」駅 徒歩16分
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:00-17:00

● 火曜日午後、金曜日午後 15:00-19:00
休診日:木曜日、日曜日、祝日

WEB予約