性感染症

性感染症

性感染症のイメージ画像

性感染症は、文字通り性的な行為によって感染する病気の総称です。性交だけでなく、オーラルセックスなどの広い範囲の粘膜接触を含みます。性病の多くは、血液や精液、腟分泌液などの体液によって感染していきます。以前は性風俗店などにおける不衛生な性行為による感染が多かったのですが、最近は、不特定のセックスパートナーとの性交渉やセックスの多様化などにより、ごく一般に広まっています。

クラミジア

クラミジアトラコマティスが原因となり、性行為における粘膜同士の接触で感染します。潜伏期間は1~3週間です。症状としては、男性では排尿時痛や尿道掻痒感が生じますが、女性では症状が軽く、無症状なことも少なくありません。治療にあたっては、クラミジアに効果的な抗菌薬を使います。なお、薬を内服していても、新たな性交渉を持つと再感染する可能性がありますので、ご注意ください。

淋病

淋菌が原因となり、性行為による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。男性の場合、おしっこをする時に激しい痛みが走る、尿道から黄白色の分泌物が出る、などの症状がよく見られます。女性の場合、おりものや不正出血が見られることもありますが、症状が軽く、自覚症状が無いケースも少なくありません。

梅毒

病原体は梅毒トレポネーマであり、約3週間の潜伏期間を経て発症します。症状としては、まず初めに感染部位に赤色の硬いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れます。その後、3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠感などの全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れます。この段階でも治療をきちんと受けてないでいると、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒されます。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、性器に発生する一種のイボです。ヒトパピローマウイルスの幾つかのタイプが原因となります。主に性行為による皮膚・粘膜病変部との接触で感染し、潜伏期間は3週間~8ヶ月です。症状としては、性器や肛門周辺などに、先の尖ったイボのような腫瘍が多発し、時にはまるでカリフラワーのように見えることもあります。痛みなどはほとんど無く、せいぜい痒みや軽い異物感程度のものです。

性器ヘルペス

病原体はヘルペスウイルスで、性行為による皮膚・粘膜病変部との接触によって感染します。潜伏期間は2~10日です。症状としては、性器の痒み、不快感の後、水泡、びらんが生じます。この病気は患者さま自身の免疫力によって自然に治ることもありますが、症状が強くなったり、再発を繰り返したりすることが少なくありませんので、専門医による治療をお勧めいたします。

院長
藤原 恭一郎
診療内容
泌尿器科、内科、皮膚科
住所
〒292-0055 千葉県木更津市朝日3-6-11
「木更津市役所」、「スーパーかすみ」すぐ
TEL
0438-25-2515
最寄駅
木更津市役所朝日庁舎(バス) 徒歩1分
JR内房線「木更津」駅 徒歩16分
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:00-17:00

● 火曜日午後、金曜日午後 15:00-19:00
休診日:木曜日、日曜日、祝日

WEB予約